トップメニュー
会社案内
店舗案内
カタログ
オンラインショッピング
お問い合わせ

♪fil+usine
(フィルユージーヌ)とは、
フランス語で[糸の工場]
という意味です。

気候と水に恵まれた今治地方
~今治地方の気候と豊かな水~
穏やかな気候
今治タオルが発展した土壌には、
今治地方の気候や風土も大きく関わっています。
昭和の後半までは、加工された糸や生地は
屋外の天日干しで乾かすのが一般的でした。
今治は温暖で降雨も少なく、綿の花が開く秋に
晴れた日が多いため、綿栽培に適していました。
タオルの生産工程では、たくさんの水を使用します。
今治では降水量こそ少ないものの、
石鎚山に隣接する高縄山系を源流とした蒼社川が流れ、
タオル作りにとって、最適な水質に恵まれています。
タオルと水質
タオル作りに適している水質とは、
タオルに適した水質
今治の水は、これらの条件を満たしていますので
糸や生地自体の発色、白度、やわらかさを十分に引き出した
タオルを作ることができます。
このような天然の良水を使用することで、
出来上がったタオル生地の白度や、肌触りに差が出ます。